1. HOME>
  2. プレス情報>
  3. プレスリリース(2011)>
  4. 2011年8月4日

2011年8月4日

F5ネットワークス、NEC/NEC通信システムとの提携関係を強化し、金融/通信などのミッションクリティカル・システムの販売網を拡充

NEC通信システムとの一次店契約の締結により、仮想化、クラウド、DCなどの重要インフラ中核ソリューションにおける販売提携を強化

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アリイ・ヒロシ、以下F5)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下 NEC)および日本電気通信システム株式会社(本社:代表取締役 執行役員社長:千石 雅美、以下 NEC通信システム)との提携関係を強化し、金融/通信業界などのミッションクリティカル・システムの販売網を拡充したことを発表します。

F5®は、これまでも、NEC及びNEC通信システムとの販売/技術における提携により一体となって、多くのユーザにソリューションを提供してきました。このたびの提携強化は、F5の二次代理店「Advantage Partner」であったNEC通信システムが、F5と一次店契約を締結し、F5の直接契約パートナーである「Value Added Reseller」となり、これまでのNEC及びNEC通信システムとの関係をさらに発展させたものです。

サービスの停止や情報漏えいが大きな損失になりうるため、セキュリティ対策が最重要である金融機関や、多様なサービスを提供するため大容量トラフィック対応が必要な通信業界では、堅固なネットワーク・インフラが不可欠となります。このようなミッションクリティカル・システムにおいて、システム全体の信頼性・可用性を向上するには、業務アプリケーションごとの処理を行うミドルウェアと、アプリケーション・レイヤーの情報をもとにしたトラフィックの管理ができるトラフィック管理装置を連携させることが重要になります。

F5は、この度の提携強化により、F5のアプリケーション・デリバリ・コントローラ「BIG-IP® Local Traffic Manager™(以下BIG-IP LTM®)」とNECのミドルウェアである「WebOTX」および「WebSAM」との連携ソリューションにより、クラウドコンピューティングのアプリケーション性能向上に対するニーズの高まりに答え、仮想化の導入をすすめ、大規模データセンターなどへ統合されたインフラ中核ソリューションを提供してまいります。高度なシステム・インテグレーション・スキルを有するNECおよびNEC通信システムとの連携により、F5は、ミッションクリティカル・システム市場の更なる拡大を目指します。

F5とNECの提携について

F5は、2007年12月に、アプリケーション・デリバリ・コントローラ「BIG-IP LTM」とNECのサービス実行基盤「WebOTX」との製品連携の強化および両社製品によるソリューションの販売促進について協業を開始。2009年9月には、NECのパートナープログラムに加盟し、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」との製品提携を行い、BIG-IPシリーズとの連携を強化してまいりました。

保坂 岳深 氏(NEC執行役員)のコメント

「NECは、このたびのF5社との提携強化を歓迎いたします。当社のミドルウェアとF5社のアプリケーション・デリバリー・コントローラーとの製品連携において、両社はパートナーシップを築いてまいりました。今回の提携強化により、当社の「WebOTX」や「WebSAM」の販売を拡大し、より多くのミッションクリティカルなシステムやクラウドコンピューティングに対して、付加価値および信頼性の高いソリューションを提供してまいります。」

千石 雅美 氏(NEC通信システム 代表取締役 執行役員社長)のコメント

「NEC通信システムは、このたびF5社と一次店契約を締結できたことを喜んでおります。当社は、これまでも、F5社の二次代理店としてNECのユーザにBIG-IPシリーズを販売してまいりました。これからは一次店として当社の高度なインテグレーション・スキルとサポートサービスにより、F5社とともにミッションクリティカルなシステムやクラウドコンピューティングへの導入を拡大してまいります。」

補足資料

F5ネットワークスについて

アプリケーション・デリバリ・ネットワーキング(ADN)分野のグローバルリーダーであるF5ネットワークスは、世界中の大手企業やサービスプロバイダが仮想化、クラウド・コンピューティング、オンデマンドITでその価値を最大化できるよう支援しています。F5のソリューションは、多種多様なテクノロジーの統合や、より優れたインフラストラクチャ管理とアプリケーション配信やデータ管理の改善に加え、ユーザが会社のデスクトップや高機能端末からアプリケーションにシームレス、安全、かつ高速にアクセスできる環境の構築をサポートしています。F5のオープン・アーキテクチャ・フレームワークにより、ユーザは「Strategic Points Of Control」に基づき、そのビジネス・ポリシーを自社のITインフラ全体、さらにはパブリック・クラウドで適用させることができます。F5の製品は、日々変化するビジネス環境に即応するITを実現する俊敏性、オンデマンドでの拡張性の高いソリューション、データ/サービスなどへのモバイル・アクセスの管理を提供します。世界中の大手企業、サービス/クラウド・プロバイダ、大手オンライン企業が、IT投資の最適化と事業の進展の要としてF5を選択しています。
F5に関する詳細は、www.f5.comをご覧ください。

F5ネットワークスジャパン株式会社は、2000年の設立以来、日本市場での販売、サポート、コンサルティングおよびトレーニングなどのサービスを、ビジネスパートナー様を通じ展開しています。国内3,000社を超えるお客様が、F5の提供するアプリケーション・デリバリ・ネットワーキング・ソリューションを活用されています。
F5ネットワークスジャパンに関する詳細は、www.f5networks.co.jpをご覧ください。

F5、BIG-IP、Local Traffic ManagerならびにLTMは、米国およびその他の国におけるF5 Networks, Inc.の商標またはサービスマークです。その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。

将来性に関する声明

当プレスリリースには、今後の見通しや将来の売上及び利益目標を含む記述がありますが、それらは全て将来に関する意見であり、過去の事実に基づくものではありません。このような将来に関する意見は、既知や未知のリスク、不確実性、その他の要因により、会社の業績や業界の動きなど、実際の結果が将来性に関する意見の中で表明された明示的・黙示的内容と異なる場合があることをご承知ください。ビジネス及び業績に影響を与えるリスク要因に関する詳細な情報は、アニュアルレポートやSEC提出の公開資料をご覧ください。

当リリースに関するお問い合わせ先
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL : 03-5114-3230
URL : http://www.f5networks.co.jp/inquiry/

このページのトップへ