1. HOME>
  2. プレス情報>
  3. プレスリリース(2012)>
  4. 2012年2月23日

2012年2月23日

F5ネットワークス、BIG-IP Access Policy Manager 1600の提供を開始、リモートアクセス・ソリューションを拡充

10ユーザから最大1,000ユーザまでの幅広い規模向けに、セキュアなリモートアクセス・ソリューションを提供
高い拡張性、容易なポリシー設定、高度なシングルサインオンなどの機能を搭載

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アリイ ヒロシ、以下F5)は、BIG-IP製品ファミリーを拡充し、リモートアクセス・ソリューション「BIG-IP® Access Policy Manager® 1600」の提供を開始したと発表しました。このAccess Policy Manager 1600は拡張性に優れ、ビジュアルポリシー・エディタなどの機能を通じて柔軟なポリシーの設定を簡単に行うことができます。SSL VPNソリューションのリーダー企業であるF5は、主に中小規模事業者向けに同ソリューションを提供し、さらなる顧客基盤の拡充を図るとともに、顧客にセキュアでかつ管理が容易なリモートアクセス・ソリューションを提供します。

Access Policy Manager 1600は単体アプライアンスとして提供するもので、顧客のセキュアで簡素化されたリモートアクセスを実現するための高度な機能を備えています。拡張性の高いBIG-IPプラットフォームをベースにした新しいAccess Policy Manager 1600は、10ユーザから最大1,000ユーザまで幅広いユーザ環境に対応します。また、F5のSSL VPNソリューションの豊富な採用実績の中で高い評価を得ている、顧客の要望に応じたアクセスポリシーの柔軟な設定などの機能を通じて、セキュアで最適化されたアプリケーション・アクセスを実現します。さらに、高度なシングルサインオン機能を搭載しており、一度の認証で複数のアプリケーションへのシームレスなアクセスができます。これらの機能やスマートフォン/タブレット端末向けサポートの提供を通じて、顧客の管理負荷を軽減するとともに、外部やモバイル端末から企業アプリケーションへのリモートアクセスを高いユーザビリティとともに提供します。

今回提供されるBIG-IP Access Policy Manager 1600の特長は以下の通りです。

  • 優れた拡張性とパフォーマンス
    今回発表したAccess Policy Manager 1600では、最小で10ユーザから利用できます。さらに、拡張性の高いBIG-IPプラットフォームを通じて、標準同時接続数を最大で100,000ユーザまで拡張できるため、顧客の規模や用途に応じて効率的かつ柔軟に対応できます。
  • 柔軟なポリシー設定
    さまざまな用途や条件に応じて、認証サーバの選択やクライアント証明書の発行などのアクセスポリシーを自由に設定することができ、一元的なポリシー管理が可能です。また、F5独自のビジュアルポリシー・エディタ機能を通じて、視覚的に優れた設定画面から直感的なポリシー設定が可能で、管理者はアクセス認証の設定に費やす手間を大幅に軽減することができます。
  • シングルサインオン機能の強化
    高度なシングルサインオン機能を実装しているため、バックエンドのアプリケーションへのシングルサインオンが可能で、さらに複数の条件が異なるアクセス設定も同時に利用できます。
  • スマートフォン、タブレット端末へのサポート拡充
    スマートフォンやタブレットなど、企業アプリケーションへのアクセスする端末は多岐にわたり、使い方も多様化しています。F5はこれまでiOSなどに向けた開発経験を活かし、業界で初めてAndroid 4.0に対応しました。
  • セキュアなリモートアクセス
    リモートアクセスを行う際、情報漏えいなどセキュリティに関する懸念を持つ顧客が増えています。F5の提供するリモートアクセス・ソリューションではセキュリティ機能が大幅に強化され、設定されたアクセスポリシーのフローに従って強固なエンドポイント・セキュリティを構築できます。

製品についての販売開始時期、価格情報

  • BIG-IP Access Policy Manager 1600:販売開始済み
  • 希望小売価格
    BIG-IP Access Policy Manager 1600:119万円(10ユーザーモデルの場合)から(税別)
    ※APM 1600単体アプライアンスとしてご提供の場合

補足資料

F5ネットワークスについて

アプリケーション・デリバリ・ネットワーキング(ADN)分野のグローバルリーダーであるF5ネットワークスは、世界中の大手企業やサービスプロバイダが仮想化、クラウド・コンピューティング、オンデマンドITでその価値を最大化できるよう支援しています。F5のソリューションは、多種多様なテクノロジーの統合や、より優れたインフラストラクチャ管理とアプリケーション配信やデータ管理の改善に加え、ユーザが会社のデスクトップや高機能端末からアプリケーションにシームレス、安全、かつ高速にアクセスできる環境の構築をサポートしています。F5のオープン・アーキテクチャ・フレームワークにより、ユーザは「Strategic Points Of Control」に基づき、そのビジネス・ポリシーを自社のITインフラ全体、さらにはパブリック・クラウドで適用させることができます。F5の製品は、日々変化するビジネス環境に即応するITを実現する俊敏性、オンデマンドでの拡張性の高いソリューション、データ/サービスなどへのモバイル・アクセスの管理を提供します。世界中の大手企業、サービス/クラウド・プロバイダ、大手オンライン企業が、IT投資の最適化と事業の進展の要としてF5を選択しています。
F5に関する詳細は、www.f5.comをご覧ください。

F5ネットワークスジャパン株式会社は、2000年の設立以来、日本市場での販売、サポート、コンサルティングおよびトレーニングなどのサービスを、ビジネスパートナー様を通じ展開しています。国内3,000社を超えるお客様が、F5の提供するアプリケーション・デリバリ・ネットワーキング・ソリューションを活用されています。
F5ネットワークスジャパンに関する詳細は、www.f5networks.co.jpをご覧ください。

F5、BIG-IPならびにAccess Policy Managerは、米国およびその他の国におけるF5 Networks, Inc.の商標またはサービスマークです。その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。

当リリースに関するお問い合わせ先
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL:03-5114-3230
お問い合わせ : http://www.f5networks.co.jp/inquiry/

このページのトップへ