1. HOME>
  2. プレス情報>
  3. プレスリリース(2012)>
  4. 2012年4月27日

2012年4月27日

F5ネットワークス、VIPRIONシリーズに新ラインナップ 4480シャーシと4300ブレードを追加

パフォーマンスとスケーラビリティを大幅に向上し、サービスプロバイダと企業のインフラ最適化・コスト削減を実現

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アリイ ヒロシ、以下F5)は、同社のブレード搭載型シャーシのアプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)であるVIPRION®(ヴィプリオン)の新たなラインナップとなる、4480シャーシと4300ブレードを発表しました。

この製品は、320GBのレイヤ4スループットなど、業界最高水準のパフォーマンスとスケーラビリティの大幅な向上を実現しており、サービスプロバイダや大企業の顧客は、トラフィックの爆発的な増加やサービス拡張の要求に、より迅速かつ柔軟に対応できます。さらに、モジュラ型ADCの特長を生かし、アプリケーション配信やサービスのインフラを統合することで、ネットワーク運用の簡素化、コスト削減、効率的なインフラ拡張を可能にします。また、データセンタ・ファイアウォールやアクセス制御などの強化によって、セキュリティの向上にも貢献します。

シャーシ型ADCのニーズは、動画などを含むリッチ・アプリケーションやモバイル利用の増加に伴うトラフィックの急増、データセンタ統合、DDoSやマルチレイヤ攻撃などの従来のデバイスやファイアウォールでは対応できないセキュリティ課題の増加、サーバやデスクトップの仮想化利用、クラウドの活用、ビッグデータへの取り組み、などに伴って急増しています。今回発表したVIPRIONシリーズの新モデルとなるシャーシとブレードは、業界最高水準のADC性能を実現するとともに、ブレードを追加するだけで必要に応じてオンデマンドに処理能力を増強できるため、これらの課題解決に最適なソリューションとなります。

新製品の主な特徴は以下の通りです。

シャーシ型ADCの付加価値の向上

  • アプリケーション/サービス配信の機能を統合し、運用を効率化
    F5独自のOSであるTMOS®と、新しいVIPRION 4480シャーシ/4300ブレードが発揮する驚異的なパフォーマンスにより、従来以上に柔軟性が高いインフラを構築し、かつ管理の簡素化も実現できます。さらに、サービスプロバイダは、NAT、IPv6、DNS、AAA、最適化、トラフィック管理、負荷分散などのサービスを集約して展開することができます
  • オンデマンド拡張が可能で、しかもコンフィグの再設定作業が不要
    VIPRIONの搭載ブレードの処理能力を最適化する、F5のクラスタ・マルチプロセシング(Clustered Multiprocessing、以下CMP™)テクノロジーを通じて、処理能力をリニアに拡張でき、さらにVIPRION上の設定が追加されたブレードにも引き継がれるため、コンフィグの再設定が不要です
  • 電源の自動追加
  • 過剰なプロビジョニングを解消して最適化できるため、計画的な設備投資を実現
  • 柔軟な仮想ADCインスタンスの構築

業界をリードするパフォーマンス

  • 320Gbps(レイヤ4)、160GB(レイヤ7)のスループット
  • 80Gbpsのハードウェア圧縮
  • 80Gbps SSLスループット(バルク暗号化)のアクセラレーション

アプリケーション・デリバリに特化した機能の強化

  • ADCとして初めて40GbEポートを搭載
  • FIPS(連邦情報処理標準)、NEBS(通信事業者向け機器の仕様規定)などに柔軟に対応できるオプション設定
  • 大幅に強化されたハードウェアSSLと圧縮処理のパフォーマンス

機能を向上したファイアウォールでさらなるセキュリティ強化

企業がこれまで行ってきた個別のセキュリティ対策では、保護される領域が限定され、またセキュリティ機能を柔軟に拡張することができませんでした。これに対して、F5はセキュリティ製品・サービスの認証であるICSA認証を受けたファイアウォールを始めとした、レイヤ3〜7までのセキュリティサービスの統合を実現し、マルチレイヤ攻撃などのさまざまな手段が混在する大規模攻撃への防御機能を提供します。

F5は、顧客や市場からのニーズに応えるため、ユーザが効率的にインフラを拡張するための製品ポートフォリオを拡充しています。F5のCMPテクノロジーを備えたハードウェアや仮想化ソリューションの提供を通じて、ユーザはクラウドや仮想化などのダイナミック・インフラの構築など、ビジネスニーズや顧客からの要求に柔軟に対応することができます。

製品についての販売開始時期、価格情報

  • VIPRION 4480シャーシと4300ブレード:2012年5月下旬より販売を開始
  • 希望小売価格
    VIPRION 4480シャーシ:595万円〜(税別)
    VIPRION 4300ブレード:2210万円〜(税別)

補足資料

F5ネットワークスについて

アプリケーション・デリバリ・ネットワーキング(ADN)分野のグローバルリーダーであるF5ネットワークスは、世界中の大手企業やサービスプロバイダが仮想化、クラウド・コンピューティング、オンデマンドITでその価値を最大化できるよう支援しています。F5のソリューションは、多種多様なテクノロジーの統合や、より優れたインフラストラクチャ管理とアプリケーション配信やデータ管理の改善に加え、ユーザが会社のデスクトップや高機能端末からアプリケーションにシームレス、安全、かつ高速にアクセスできる環境の構築をサポートしています。F5のオープン・アーキテクチャ・フレームワークにより、ユーザは「Strategic Points Of Control」に基づき、そのビジネス・ポリシーを自社のITインフラ全体、さらにはパブリック・クラウドで適用させることができます。F5の製品は、日々変化するビジネス環境に即応するITを実現する俊敏性、オンデマンドでの拡張性の高いソリューション、データ/サービスなどへのモバイル・アクセスの管理を提供します。世界中の大手企業、サービス/クラウド・プロバイダ、大手オンライン企業が、IT投資の最適化と事業の進展の要としてF5を選択しています。
F5に関する詳細は、www.f5.comをご覧ください。

F5ネットワークスジャパン株式会社は、2000年の設立以来、日本市場での販売、サポート、コンサルティングおよびトレーニングなどのサービスを、ビジネスパートナー様を通じ展開しています。国内3,000社を超えるお客様が、F5の提供するアプリケーション・デリバリ・ネットワーキング・ソリューションを活用されています。
F5ネットワークスジャパンに関する詳細は、www.f5networks.co.jpをご覧ください。

F5、VIPRION、TMOSならびにCMPは、米国およびその他の国におけるF5 Networks, Inc.の商標またはサービスマークです。その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は各社の商標です。

将来性に関する声明

当プレスリリースには、今後の見通しや将来の売上及び利益目標を含む記述がありますが、それらは全て将来に関する意見であり、過去の事実に基づくものではありません。このような将来に関する意見は、既知や未知のリスク、不確実性、その他の要因により、会社の業績や業界の動きなど、実際の結果が将来性に関する意見の中で表明された明示的・黙示的内容と異なる場合があることをご承知ください。ビジネス及び業績に影響を与えるリスク要因に関する詳細な情報は、アニュアルレポートやSEC提出の公開資料をご覧ください。

当リリースに関するお問い合わせ先
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL:03-5114-3230
お問い合わせ : http://www.f5networks.co.jp/inquiry/

このページのトップへ