1. HOME>
  2. プレス情報>
  3. プレスリリース(2014)>
  4. 2014年7月16日

2014年7月16日

F5ネットワークス、DDoS対策ソリューションを拡張

最大規模の攻撃にも対応可能に設計された、拡張性に富むクラウドベースのDDoS対策サービスをセキュリティ製品群に追加

F5ネットワークス(NASDAQ: FFIV)は、セキュリティのソリューションとサービスを含む包括的ポートフォリオを提供するという同社のビジョンの一環として、ネットワーク、データセンタ、アプリケーションに対するDDoS攻撃に向けた防御ソリューションの拡張を発表しました。これにより、オンプレミスおよびクラウドをベースとするサービスのハイブリッド型防御ソリューションという選択肢をユーザに提供します。

従来のオンプレミスDDoS対策ソリューションを補完するために、F5ネットワークスは、クラウドをベースとするセキュリティサービスプロバイダの非上場会社であるDefense.Net社を買収しました。この2社で共有される先進の技術と運用経験によって、ユーザは、DDoS攻撃によるあらゆる脅威にも対応可能な総合的かつ包括的なハイブリッド型DDoSソリューションを活用できるようになります。

この買収によって、アプリケーションレイヤ、ネットワークレイヤ、データセンタに対する、F5ネットワークスが保有するセキュリティソリューションのポートフォリオが拡大されます。Defense.Netのテクノロジは、F5ネットワークスのBIG-IP® Advanced Firewall Managerを補完します。

フロスト&サリバンの「2013年版アジア太平洋地域DDoS防御市場(2013 Asia-Pacific Distributed Denial of Service (DDoS) Protection Market)」*1 の分析によると、攻撃の件数が増加して巧妙さが増した結果として、当該地域のDDoS防御市場は拡大しています。この状況を鑑み、特に銀行、投資情報サービス機関、保険業界におけるアジア太平洋地域の組織は防御の必要性を認識し、これらの攻撃と対峙するためのセキュリティソリューションに対する支出を増加させています。

*1 : Frost & Sullivan: Business' Dependence on the Internet Spurs Asia-Pacific Distributed Denial of Service Attack Protection Market

F5のセキュリティアーキテクトである谷村透は次のように述べています。「統計によると、アジア太平洋地域におけるDDoS攻撃の規模は拡大し、巧妙さと頻度は増しています。DDoS攻撃による損害としては収益、顧客からの信頼、ブランド評価の損失などがありますが、巨額の法的責任が含まれる可能性もあります。F5ネットワークスの包括的アプローチを用いることにより、組織は、ネットワークやデータセンタなどさまざまな領域にわたるDDoS攻撃からの防御が可能となります」

DDoS対策業界のパイオニアによって設計されたDefense.Netのサービスは、高スループットの高度なインフラストラクチャを基盤としており、大規模で巧妙な次世代のDDoS攻撃から組織を防御します。Defense.Netのネットワークは複数のプロトコルに対応しており、アプリケーションの性能を維持したうえで、予期せぬ脅威からユーザを安全に保護する革新的な機能を提供します。

F5ネットワークスの戦略ソリューション担当EVPであるManny Riveloは、次のように述べています。「F5ネットワークスの目標は、ビジネスへの影響が生じる前に、絶え間なく変化するセキュリティの脅威からお客様を支援して保護することです。お客様は、受けている脅威に対して網側あるいはデータセンター内といった最適なネットワーク上のポイントにおいて、DDoS攻撃をシームレスにブロックする統合ソリューションを求めています。F5ネットワークスのハイブリッド型ソリューションの魅力は、オンプレミスとクラウドをベースとするソリューションとの最良の防御の組み合わせであるという点です。高い評価を受けているDefense.Netのセキュリティ専門家チームが、F5ネットワークスに加わることを歓迎致します」

Defense.Netの創業者のBarrett Lyonは次のように述べています。「F5ネットワークスのDDoS製品技術は、Defense.Netがクラウドにおける対策機能を構築してきた方法に匹敵する、規模と性能を備えています。これにより、あらゆる規模のお客様は、ビジネスに不可欠なアプリケーションとネットワークが確実に保護され、DDoS攻撃の量、種類、攻撃源を問わず利用可能となります。どのような攻撃に対しても、F5ネットワークスはお客様に適切な防御を提供します」

製品の提供

現在、Defense.Netのサービスは北米にて提供しておりますが、F5ネットワークスは2014年の第4四半期よりアジア太平洋地域、および欧州・中東・アフリカ地域でもこちらのサービスを提供開始予定です。

補足資料

シンガポールで7月22日、23日に実施されるRSA Conference Asia Pacific and Japan 2014のF5ネットワークスのブース(Booth G8)にてライブ・デモンストレーションをご覧になれます。

F5ネットワークスについて

F5ネットワークスは、アプリケーション領域をサポートするソリューションを提供しています。ユーザが利用者、場所、時間を問わずアプリケーションを提供するために、クラウド、データセンタ、SDNなどの環境を容易に管理するためのサポートを提供しています。オープンかつ拡張性の高いフレームワークや最先端のテクノロジ、データセンタ向けのオーケストレーション ツールなどを提供する幅広いパートナ・エコシステムとの協業により、F5ソリューションはさまざまなIT領域に採用されています。F5のソリューションやパートナ・エコシステムにより、ユーザは長期にわたって自社のニーズに最適なインフラストラクチャ・モデルを構築することができます。世界中の大企業、サービスプロバイダ、官公庁、有名企業がF5のソリューションを導入し、クラウド、セキュリティ、モビリティなどのITの課題を解決しています。
日本では2000年の設立以来、販売やサポートなどを、パートナを通じて提供しています。詳細はwww.f5networks.co.jpをご覧ください。



当リリースに関するお問い合わせ先
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL:03-5114-3230
お問い合わせ : http://www.f5networks.co.jp/inquiry/

このページのトップへ